びんぼー系女子みーのブログ

お金の無い女子学生、みーの日記のようなものです。ちょっとした節約のコツや、ダイエットなどについて綴ります。多趣味すぎてジャンルが常に迷子です。

スピード写真で証明写真を盛る方法!前日〜当日まで

タイトル

こんにちは!びんぼー女子大生のみーです。

 

2月に入って数日経ち、学生さん方の中には、春休みを機にアルバイトを始めるという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ほとんどの応募先では、「顔写真付きの履歴書」を用意するように言われますよね。

 

私も半年ほど前、バイトに応募しては落ちを繰り返していまして、スピード写真の証明写真を何回か撮っていました。

 

何回か撮っていた、というのは足りなくなったのはもちろんなのですが、それ以上に、写りが指名手配犯すぎて別の機械で撮り直したというのもあります。

 

その中で、なんとなく、

盛れる!写りが良くなる!やる気がありそうに見える!

という風に撮るコツがわかったので、いくつかご紹介したいと思います!

 

全部やるのは大変なので…

いくつかでも、1つでもやってみると絶対に変わるはずです!

 

私と同じようなお金に余裕のない方々が、無駄に撮り直しをする必要が無くなると嬉しいです。

 

 

前日〜当日までにやっておく事編

 

① 美容院に行く

お財布へのダメージ:高

手軽さ:低

効果:高

 

証明写真を撮るためだけに美容院に行くのは、なかなか金銭的にもきついですよね。

 

これはそういう事ではなくて、

例えば月に1回美容院に行っている方がいたとしたら、その月1の美容院の直後に撮りに行きましょう!

という意味です。

美容院当日に撮りに行く場合、証明写真に最適な髪型にセットしてもらえるという利点もあります。

 

せっかくなのですから、プロ目線で、好印象な髪型にしてもらっちゃいましょう!

 

② 顔の歪み・たるみをとる

お財布へのダメージ:低

手軽さ:高

効果:高

 

顔が大きく見える原因 

 

証明写真って、やたらと現実を見せつけてきますよね。

私もよく思いました。

なんでこんなにブスなの…SNOWで撮らせてくれぇ…と。

 

んでもって、SNOWで撮った時とのギャップを冷静に比較してみたんです。

 

その中で特に印象を変えていたのが、

  1. 顔の左右の歪み
  2. フェイスライン

の2つだと思いました。

どちらも顔を大きく見せてしまう大きな原因ですよね。

 

左右非対称なのは、証明写真は普段自分が鏡で見ている顔と左右反転しているために気になりやすい部分でもあります。

逆に言うと、他人から見ると対して目につかない場合もありますね。

それでも自分ではなぜかすごく気になる!ブスに見える!

なので少しでも直しちゃいましょう!

 

そしてフェイスライン。

フェイスラインがたるんでいると、とっても老けた、疲れた印象になります。

実際より太って見えたりも。

とにかくいい事が無いのです。

 

マッサージで解決!

 

この2つのデカ顏見えの原因を、まとめて解決してくれるのがこちらのマッサージ!


【簡単】田中式造顔マッサージ beauty massage【小顔】

 

このマッサージ、私は激はまりしていまして、やり始めてから数ヶ月になります。

本当に顔小さくなりますし、口角の左右非対称も良くなってきています。

 

このマッサージのすごいところは、1回やっただけでも目に見える効果が出やすいところ!

特に元がたるみのある人ほど効果がわかりやすいと思います。

 

これは証明写真撮る、撮らないにかかわらず、やったほうがいいです。

 

 

③ 眉毛を整える

お財布へのダメージ:低

手軽さ:中

効果:高

 

眉毛って、顔の印象を決めるのに1番重要なパーツだと思います。

眉毛の位置や形が違うだけで、全然違う性格に見えるんですよ。

 

当日のメイクでの眉メイクに力を入れるのはもちろん、自眉自体を整えておくことも忘れずに!

男性も、やるとやらないとじゃずいぶん印象が変わりますよ!

 

 

 

④ おやすみ前のスキンケアは念入りに!

お財布へのダメージ:低

手軽さ:高

効果:中

 

証明写真に厚化粧は絶対NGです!

素肌が綺麗なように見せることが何より大事だと思っています。

 

余裕があればお顔の産毛もお手入れしましょう!

 

当日編 家〜撮影直前

 

① スキンケア

メイク前の洗顔・スキンケアは丁寧に行いましょう!

特にスキンケア。

化粧水はびしょびしょになるくらいたっぷり使ってください!

 

お次、メイクしない方は飛ばしちゃってください!

 

 

② メイクのポイント

先ほども言いましたが、証明写真に厚化粧は基本NGです!

(応募先などにもよりますが、基本的に、という話です。)

 

普段しっかりメイクをされている方も、ナチュラルメイクを心がけましょう!

 

ですが、このナチュラルメイク、面接の時と履歴書の写真を撮る時のメイクはちょっと変えたほうが良いです。

なぜなら、写真を撮る時には「綺麗に、印象的に写る」ことを意識する必要があるから。

 

いくつかポイントがあるのでご紹介します!

 

1. ベースメイクは清潔感重視!

 

厚塗り感を最も出しやすいのがファンデーションの塗りすぎ

 

肌を均一に見せたい気持ちはよくわかります。

ですが、最近の証明写真って、美肌機能が結構優秀なんですよ!

ちょっとしたそばかすくらいなら綺麗に隠してくれますので、少し任せてみてはいかがでしょう?

 

私個人的には、

しっかりスキンケア→ピンクの下地→パウダーを薄く叩いてセミマット肌にする

くらいが綺麗に写るな、と思います。

 

また、シェーディングの濃すぎもモアイ感が出てよろしくないと思います。

これに関しては、下地の塗り加減で陰影を出すと自然に立体感が出ますよ!

 

2. 眉毛

 

眉毛は顔のパーツの中でも印象を1番左右する、大事なパーツです。

写真ではぼやっと写りがちなので、普段のメイクよりもちょっと濃いめに書くのがおすすめ。

 

 

男性も、自眉毛が薄い方は、アイブロウパウダーで少し濃くしてあげると、キリッとした印象に近づくと思います!

 

3. アイメイクはしっかり&ナチュラル見え!

 

アイメイクも大事なポイントです。

しっかり印象的にしつつも、濃い印象を与えないようにするとGOODです!

 

・アイライナー

跳ねあげライン・たれ目ラインはNG!

あくまで自分の目の形に沿ったラインを1mm程度はみ出させるくらいがちょうど良いと思います。

目尻以外の部分はラインを引くのではなく、まつげのキワをリキッドライナーで埋めて、フレーム感を際立たせましょう

 

・アイシャドウ

カラーものではなく、ナチュラルなブラウン系がおすすめ!

自然に陰影を足すように塗ります。

下まぶたの三角ゾーンに締め色を入れると、ナチュラルかつ一気に彫りが出ます^^

 

・まつげ・マスカラ

瞳が明るく見えるように、まつげをビューラーでしっかり上げます

 

マスカラは、目のフレーム感を出すために、根元に液をつけてあげると良い感じ。

睫毛の長さは、出してもあまり写真ではわかりません…

 
4. チークは濃いめ、リップは薄めを意識

 

血色感を作ってくれるこの2つ。

 

私の経験上、リップの色ははっきり写り、チークはほとんど色が出ない印象です。

つまり、失敗すると

人を喰ってきた、顔色悪い人

になってしまいます(極端な話ね笑)

 

リップは自分の血色よりワントーン濃いかもしれない…くらいのナチュラルな色を。

元の血色感が強い人はリップクリームだけでも良いと思います。

 

チークは、普段のナチュラルメイクより若干濃いくらいで入れてください。

この時、リップとチークの色味を近いものにすると、よりナチュラルな血色感になります。

 

 

③ 服装

これはよく言われることかもしれませんが、服はレフ板効果を狙いましょう!

白っぽい服を着ることで光が顔に反射し、顔色が明るく写ります

 

④ 撮影時に気をつけること

f:id:binboujyosi:20190302173947p:plain

1. 機械選び

 

私は、証明写真を撮る機械にどうしても欠かせない条件が一つだけあります。

それは、

椅子の高さを調整できること!

これだけは欠かせません。

 

なぜなら、椅子の高さでカメラへの目線が変わってしまうから。

私の場合、椅子が低すぎると上目遣いになり、三白眼になります

これではせっかく準備してきたのがすべて台無しです。

 

皆さんも、機械を選べる場合は、必ず椅子の高さが変えられるか確認しましょうね!

 

 

2. フラッシュの光を絶対に遮らない

 

証明写真の機械は、大抵足元の方にフラッシュがついています。

これをカバンなどで遮ってしまうと効果が減ってしまいますので十分に注意しましょう!

 

3. 座り方

 

椅子に深く腰掛け、背筋をしっかり伸ばします

この時、後頭部が壁につくようにすると小顔効果があります!

 

4. 顔の角度に注意

 

顎が上がっていてもダメ、引きすぎていても不自然です。

写っている自分の顔をよく見て、不自然になっていないか確認しましょう!

 

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?

一つでも参考になっていれば嬉しいです!

 

納得のいく写真を使って、自信を持って応募しましょう!

 

お読みいただきありがとうございました!